「博多豚まんや 孔明」のこと

世界で最初に豚まん(肉まん)を作らせたのは、諸葛孔明だったとの説があります。

私たちはこの豚まんの原点に立ち返り、本当にシンプルで肉肉とした豚まんを作りたく、そのブランド名を「博多豚まんや 孔明」と名付けました。また当地を代表するお土産品にも育ってくれる様に、「博多」を頭に付けております。

孔明の豚まんの中身(中具)は、主にコロコロと存在感のある大きな豚肉、甘みの強い玉ねぎ、新鮮なニラから出来ております。ここに店主が長年研究に研究を重ねて開発した秘伝の調味料を加えて美味しく味付けしております。

皮はふっくら、しっとり、そして甘味があり、それだけ食べても美味しくなっております。

美味しい皮に、美味しい中具を、心を込めて一つ一つ手作業で包んでおります。この職人作業が機械製造品とは違う美味しさを生むのです。

そのままでも美味しく召し上がって頂けますが、酢醤油と柚子こしょうにつけて食べて頂くと、更に風味が増して美味しくなります。博多と言う場所柄にこだわり柚子こしょうを使う食べ方をご提案させて頂きました。

博多豚まんや 孔明 店主

 

お店のご案内

 ●お電話でのご注文も承ります。

  お電話 092ー210ー7806
  FAX 092−210−7807

  福岡市南区警弥郷2丁目14ー2 マルキョウ警弥郷店様の向かい

 ★(P)駐車場はお店の裏にあります。